リモートワークに適した職種とは?

リモートワークに適した職種とは?

新型コロナウイルスの影響でよく耳にするようになった「在宅ワーク」や「リモートワーク」。「実際どんな職種が向いているの?」「魅力的に見えるけどデメリットはないの?」ここではそんな疑問について解説していきます。

そもそもリモートワーク・在宅ワークって?

リモートワーク・在宅ワークとは、会社には出社することなく自宅、もしくはカフェなどオフィス等の離れた場所で仕事を行うことの働き方をいいます。ネットワーク環境さえあればできる手軽さや、通勤時間が発生しない分、通勤ストレスの軽減やその分を作業時間にあてることが出来るため魅力的な働き方と言えます。

リモートワーク・在宅ワークの環境・条件は?

まず一つ目に一人で作業できる業務であることが必須です。常に誰かとやり取りをする必要がなく、個人で進められる業務であれば可能です。またやり取りをする必要があっても、メールやチャットで連絡を取ることで支障がなければ問題ありません。
二つ目にセキュリティ面で問題がないことが挙げられます。リモートワーク・在宅ワークを行う際、社員との連絡はインターネットを通じて行います。チャットでのやり取りやクラウドデータを共有する際に個人情報や機密情報が含まれていると情報漏洩のリスクが高くなります。インターネットを通じてやり取りができる情報であるか、事前にしっかりと確認しましょう。

デメリットにも対策はあります!

1.報連相がしづらい→連絡のルール決めで解決

先述ではメールやチャットを使っても報連相が不十分になることがあるとお伝えしました。しかしこちらはある程度のルール決めをすることで対策がとれます。週に1度、部内単位でオンラインミーティングを実施し、1週間の報告を次週の業務計画を共有管理できるスプレッドシート等に記入し、意識の擦り合わせを行います。またオンラインミーティングを行うことで上司やリーダーは通常勤務ほどではありませんが、社員のパフォーマンスを確認することもできます。大きな問題につながる前にマメに状況を共有、報告することでリスク回避を行えます。その他にも「メールやチャットの返信は5分以内に行う」などルールを決めることで円滑なコミュニケーションを図ることが出来ます。

2.仕事のオン/オフの切り替えが難しい→働く環境を整える

まずは仕事に集中できる環境を用意しておくことが肝心です。仕事に不要なものを片付け、業務に関係のあるものだけ机の上に置くようにしましょう。また勤務時間に合わせて身支度をすることで働くモードに切り替える方もいます。

最後に

いかがでしたでしょうか?リモートワーク・在宅ワークについての理解は深まったでしょうか?多様な働き方が推奨される中でこのような働き方はさらに広まっていくことでしょう。リモートワーク・在宅ワークの特性をよく知り、ぜひ今後の働き方の参考にしてみてくださいね。

株式会社ワンゴジュウゴ 事業本部 ヒューマンリソースセンター採用担当

TEL:03-3234-5576
Mail:ses_intern@wan55.co.jp

面談登録はこちら